鈴木敏恵ポータルサイトはこちら

鈴木敏恵の未来教育メールマガジン
<無料購読>

ご登録はコチラから
未来教育メールマガジン

【未来教育MM642号】オンライン授業を超えて‥未来教育

他者の幸せを自らの幸せとする‥私が看護師さんを敬愛する所以です。 すごくうれしい看護師長からのメールの後なので、今回は「 オンライン授業を超えて‥ 未来教育」のイメージイラストと、次号からお伝えする内容のキーセンテンスだけをご 紹介することとします。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM641号】オンライン授業を超えて‥未来へのパラレルキャリア

新型コロナウイルス感染症対策で小中学校から、専門学校、大学まで一気にリモート教育への動きが進みました。イケてる自治体や国もオンライン教育への支援をうたいます。“急場しのぎ”として、まずは出来ることからするということと思います。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM640号】特別号★親しい看護師長からのメール

聡明な親しい看護師さんからいただいたメールです。許可をいただきました、皆さんにも知っていただきたくて‥本日はその2通をご紹介させていただきます。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM639号】オンライン授業(Zoom)-アクティブラーニングを超えて

「オンライン授業」に取り掛かる前に「どんな教育をしたいのか」を考える必要があるでしょう。「どんな教育をしたいのか」の前に、「何のために教育をしたいのか」をあらためて考える必要があるでしょう。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM638号】オンライン授業、とりあえず “スマホ ”でいい

新型コロナウイルスの感染拡大への対応で新年度のスタートは色々です。現状では、生徒が登校できないという現実を本気で考えおく必要があります。学校種別を問わず自宅で学習を進めることができる体制を始める必要があります。その現実でまず問題になるのは、子どもたちの環境に、オンライン授業に参加できる環境、特に情報端末がないことです。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM637号】ポートフォリオと遠隔授業(Zoom)の共通点

新型コロナウィルス感染の懸念は長引きそうです。今や学校種別を問わず、多くの学校で、オンライン授業を学校中で取り入れる動きが本格化しています。その手段は色々ありますが、ここでは主にZoomによるオンライン授業で、どう「人間としての成長」を叶えるのか、遠隔教育でアクティブなプロジェクト学習を進めていくには‥などをこれから連載していきたいと思います。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM636号】ポートフォリオ活用ラダー(Ladder)

「ポートフォリオを教育にもっと活かそう」ここを考えるとき、「いまはどうなの?」と現状を知ることが必要です。ということで、ポートフォリオを導入している教育者、指導者としてポートフォリオをどこまで活かせているか?を考える目安として以下に大きく4つ段階のラダー(Ladder)を用意してみました。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM635号】ポートフォリオを教育に活かす方法ー「対話と思考」のために

今、学校や教育の現場にポートフォリオはずいぶん広がりました。しかし、「ポートフォリオ、使っています」というところでも、学習活動の記録、そのリフレクションを書かせて終えているケースが多いのではないでしょうか?この連載では「ポートフォリオを教育に活かす方法」を具体的にお伝えしようと考えています。その前提として、あたらめて「ポートフォリオ」に関するイメージの共通化を図りたいと思います。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM634号】新型コロナ対策「どうしたら人の行動を変えることができるのか?」

前向きに「ここから何を学べるか」という視点、とくに「どう人々の行動を変えるのか」を考えてみたいと思います。なぜなら「新型コロナウイルス感染」に関しては、医療的な対策や社会的な価値観や仕組みの見直しなど様々な対策も要りますが、何より「一人ひとりの行動(手洗い、移動など)をどう変えることができるか」が肝心とされているからです。
未来教育メールマガジン

【未来教育MM633号】「正解のある学習」にも「正解のない学習」にも!ポートフォリオを活かす

ポートフォリオを成長や教育に活かすということは、具体的にどういうことなのか、それは現実にどうするのか‥ここをお伝えしていきたいと思います。その前に肝心なのは、暗記や公式で解く問題や一般的な受験で求められる学力のようなこれまでの教育を必ずしも前提としない。新しい時代の教育を主に考える必要があるということです。