鈴木敏恵ポータルサイトはこちら

【未来教育MM671】元文部官僚. 前川喜平さんとの対話(6)『特別支援学校 大学 看護師』プロジェクト学習

未来教育メールマガジン

□□───────────────□□
【鈴木敏恵の未来教育インフォメーション】
第671号/2021年4月21日発行[転送可]
発行者:シンクタンク未来教育ビジョン
鈴木敏恵( http://www.suzuki-toshie.net
□□───────────────□□

プロジェクト学習とは

プロジェクト学習とは「夢を叶える学び」
大切なことは、何度でもお伝えしようと思います。

「プロジェクト学習と課題解決型学習は同じですか?」という質問があるときに私はこう応えます。

課題解決学習は課題を解決する学習。
プロジェクト学習はプロジェクトベースで進める学び。

[コンセプト図]課題解決学習とプロジェクト学習の違い

[コンセプト図]課題解決学習とプロジェクト学習の違い

プロジェクトとは、何かを生み出すこと、その構想、プロジェクト学習は夢の叶え方が身につく学びです。

プロジェクト学習とは、現実をステージに価値ある何かを生み出す学び。課題を解決しながらビジョンの実現へ向かうプロセスで成長する学びです。

プロジェクト学習は、「何のために、何をやり遂げたいのか」を胸に自らの意志で向かう学びです。

[コンセプト図]何のために、何をやり遂げたいのか

[コンセプト図]何のために、何をやり遂げたいのか

※図:書籍『AI時代の教育と評価』より
https://amzn.to/3ghe7jn

前川喜平さんとの対話(6)

YouTube『特別支援学校 大学 学校看護師』

6回目の前川さんとのYouTube動画です(さらに続きます)。
今回の動画のテーマは『特別支援学校』です。
↓↓

⑹ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話【 特別支援学校 特別支援教室 大学 能力 憲法】学校看護師を学校に/インクルーシブ(共生)教育/鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

「高校生の進路/看護師は未来の人」「何のために学ぶのか‥真理・真実‥学びはプライスレス」「生涯学習」などこれまでのYouTube動画のテーマはいろいろですが、そのすべての根底に「一人ひとりが学び続けられること」「学ぶことで、心が自由になること」「学びは人を幸せにする」など前川喜平さんが大切されている願いが語られていると感じています。

今回の対話では、前川喜平さんと寺脇研さんの著作『これからの日本、これからの教育』
(P.125)の以下の一節が芯にあります。

高等教育で学びたいという意欲と能力のある子どもには、その機会が与えられるべきだと
思っています。能力と言ってもそれは一人ひとり異なっています。
(略)
先ほども言いましたが知的障がいのある子どもにも、高等教育機関が用意されてしかるべきだと思うんです。

私はここを読んでハッとしました。

<YouTubeの内容>

■ 【どんな子も学び続けられるように】
□ 特別支援学校高等部を卒業した後の学びの道は?

■ 【大学はユニバーサルな時代に】
□ 知的障がいがある子どもたちが学べる高等機関があっても然るべきだと思う
□ 大学はもう一部のものではなくユニバーサルな時代に入っている

■【能力はあるかないかではなくて‥どういう能力か】
□ 100人いれば100人違う能力があって
□ 違う能力に応じてそれぞれ教育を受ける権利がある

■ 【一人ひとり違うし、一人ひとり自由】
□ アインシュタイン、学校では劣等生
□「誰もが天才だ。しかし魚の能力を木登りで測ったら、魚は一生、自分はだめだと信じて生きることになるだろう。」
□ 知的障がいがあっても望むなら高等教育を受けられるように
□ 一人ひとり違うし、一人ひとり自由なんだ

■ 【自信のある人って自分を疑える人】
□ 完全無欠な自信というものはあっという間に崩壊する
□ 特別支援学校と分けて考えるのではなくて
□ インクルーシブな教育を目指す

■ 【学校看護師 養護教諭】
□ 学校に「学校看護師」を!
□ 養護教諭が保健の授業ができるように
□ 学校で一番 人間らしい場所、特別支援教室
□ 触れるものが柔らかい
□ 心を大事にしている教室

■ 【子どもたちが未来に希望を持って生きるために】
□ 画一的な価値観から多様な価値観へ
□ 国は、貧しさや弱い状態にある人のことこそ考えなくてはいけない

【前川喜平】‥文部大臣秘書官などを経て官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官、
文部科学事務次官に就任。2017年退官。著作「これからの日本、これからの教育(前川喜平・寺脇研)」

『これからの日本、これからの教育』前川喜平 著
https://amzn.to/3dUmJtq

前川喜平さんと鈴木敏恵との対話

〇「プロローグ編」

【未来教育】対話シリーズ 前川喜平さん(元文部科学事務次官)と鈴木敏恵(一級建築士)/プロローグ編

(1)『高校生の進路/教育再生実行会議/看護師は未来の人』

⑴ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話『15歳の夢/学び続けたい/ 看護師さんは未来の人 』と鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

(2)『何のために学ぶのか‥真理・真実‥学びはプライスレス』

⑵ 前川喜平(元文部科学事務次官)さん 対話『何のために学ぶのかー真理・真実ー学びは プライスレス 』 鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

(3)『これこそ個別最適な学び 生涯学習』

⑶ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話『これこそ 個別最適の学び 生涯学習 オンライン学習 大人のフリースクール 夜間中学 』鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

(4)『ゆとり教育の真実・学力とは・学習指導要領』

⑷ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話『 ゆとり教育 ・学力は下がっていない・ PISA 国際学力調査 読解力 学習指導要領』鈴木敏恵(一級建築士)/学習到達度調査資料は以下

(5)『偏差値 自尊感情・大切なもの』

(5) 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話【 偏差値 自尊感情・主体性】東京大学・医師・検査技師・キャリアパスポート ポートフォリオ/鈴木敏恵(一級建築士)【未来教育プロジェクト】

(6)『特別支援学校 大学 学校看護師』

⑹ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話【 特別支援学校 特別支援教室 大学 能力 憲法】学校看護師を学校に/インクルーシブ(共生)教育/鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

(7)『国語 フィンランドの教科書 近現代文学』

⑺ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話【 国語  教科書 文学 】フィンランド(収録2021年2月11日)鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

(8)『哲学・いま「教科」の垣根を超えて‥』

⑻ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話【哲学・いま「教科」の垣根を超えて】学問 大学 パラレル ゆとり教育 探究 総合/ 鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

(9)『一人ひとりが考え続けることに価値がある』

⑼ 前川喜平(元文部科学事務次官)さんと対話【 憲法・道徳 】 一人ひとりが考え続けることに価値がある/鈴木敏恵(一級建築士)未来教育プロジェクト

辻村哲夫さん(元文部科学省初等中等教育局長)との対話

□ 『ゆとり教育の誤解(1)-学力低下?していない』

【未来教育】『ゆとり教育の誤解⑴学力低下?していない』辻村哲夫(元文部科学省初等中等教育局長)/OECD生徒の学習到達度調査(PISA)/鈴木 敏恵(一級建築士)

□ 『ゆとり教育の誤解(2)-ゆとりの本当の意味とは‥』

【未来教育】『ゆとり教育の誤解 ⑵ ゆとりの本当の意味とは』辻村哲夫(元文部科学省初等中等教育局長)/OECD生徒の学習到達度調査(PISA)/鈴木 敏恵(一級建築士)

コメント