鈴木敏恵ポータルサイトはこちら

【未来教育MM642号】オンライン授業を超えて‥未来教育

鈴木敏恵の未来教育インフォメーション 未来教育メールマガジン

□□───────────────□□
【鈴木敏恵の未来教育インフォメーション】
第642号/2020年5月29日発行[転送可]
発行者:シンクタンク未来教育ビジョン
鈴木敏恵( http://www.suzuki-toshie.net )
□□───────────────□□

新型コロナウィルス対応/親しい看護師長からのメール

未来教育メールマガジン640号でもお伝えしましたが、新型コロナウィルスのこの状況下、医療現場の最前線で働く看護師さんからいただいたメールを紹介いたします(掲載のご承諾をいただきありがとうございます)。

===

(2020年5月16日)

鈴木先生
こんばんは
またまた嬉しいメールありがとうございます。

私は昨日とても嬉しいことがありました。

新型コロナウィルス感染の重症な状態で治療を続けていた患者さんが回復に向かっています。

人工呼吸器につながり意識がもうろうとした状態が続いてました。人工呼吸器で管理し始めてもう3週間以上経過していました。前の日は目を開けていたんですが視線が合わない状態でした。脳へのダメージもあるのかなと心配もしていました。

でも昨日ラウンドで患者さんのところにいったら、ケアしている看護師さんと話しているんです!(実際は気管切開されているので口を動かし何かを話している状態でした)

ビックリして、嬉しくてラウンドに行った4人で窓ガラス越しに「○○さん」っと大きく手をふるとこちらを見てスッゴイ笑顔で手をふり返してくれたんです。

重症者へのケアは患者さんと関わる時間も長く、専門的な知識や技術も高いものを求められます。決して諦めず、ケアにあたってくれたみんなありがとうって感じです。

患者さんの回復は私たち医療者の喜びと力になります。こんなに大きな力をもらいました。
前を向き頑張れます。

嬉しいエピソード先生と共有したくて‥メールしちゃいました。

オンライン授業を超えて‥未来教育

他者の幸せを自らの幸せとする‥私が看護師さんを敬愛する所以です。

すごくうれしい看護師長からのメールの後なので、今回は「 オンライン授業を超えて‥未来教育」のイメージイラストと、次号からお伝えする内容のキーセンテンスだけをご紹介することとします。

◇ 意志ある学び/時空を超えて自ら知へ手を伸ばす

【過去】知識は先生から生徒へ一方通行
【現在・未来】時空を超えて‥多様な知識をメディアと現実から学ぶ

未来教育イメージ図‥オンライン授業を超えて

未来教育イメージ図‥オンライン授業を超えて

◇ 講義[オンライン授業(Zoom)アクティブラーニングを超えて]

今年4月21日に鈴木敏恵が講演した「オンライン授業(Zoom)アクティブラーニングを超えて」の内容

今年4月21日に鈴木敏恵が講演した「オンライン授業(Zoom)アクティブラーニングを超えて」の内容

◇ オンライン授業‥の「授ける」っていう字、時代とずれてない? 
 
◇ 同じ学習指導要領なのにA市立小学校でも、B県の教育委員会でも授業収録、どれで学んでもいいよね

◇ クオリティー高く使える学習教材はたくさんネットにある! 

◇ 正解のあるものは学習アプリや優秀な教育系ユーチューバーに任せよう!

◇ その学習者の心を理解できる、のは先生

◇ 先生は「教える人」からファシリテータやディレクターへ

◇ インタラクティブ、ライブの遠隔教育へ

◇ すぐに始められる オンライン授業 Zoomによる実践プログラム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 文部科学省「オンライン授業」 説明会(動画)

2020年5月11日 学校の情報環境整備に関する説明会【LIVE配信】

コメント