鈴木敏恵のプロフィール (更新:2011年1月)

2011

鈴木 敏恵

すずき としえ

s-toshie@ca2.so-net.ne.jp

http://www.suzuki-toshie.net

*************

一級建築士

千葉大学教育学部特命教授

内閣府/中央防災会議専門委員

文部科学省「学力向上事業」採択
シンクタンク未来教育ビジョン




◆ プロフィール
「意志ある学び」を理念とし、21 世紀の教育を構想、提唱、自らも実践。未来教育プロジェク
ト学習やポートフォリオ、コーチングを手法とし、考える力、課題発見力、課題解決力、イメ
ージ力を高める教育を実施する。教員研修、教育委員会、大学FD:Faculty Development
(教育者の教育能力を高める取り組み)講師、対話コーチング手法を全国で指導。
コンピテンシー育成、防災教育、情報教育、キャリア教育、プロジェクト手法による目標管
理、1人ひとりの資質を活かした人間的な新しい評価などを提案、指導。個人や機関などの
プロジェクトを成功させる全体構想コンサルタントとしても企画から導入まで支援。教育界、
医療界、自治体などで指導者育成、新人研修などの人材育成を各地で実施。
シンクタンク「未来教育ビジョン」代表

◆ 公職歴
『理科教育及び産業教育審議会委員』
『情報教育推進等に関する調査研究協力者』文部省
『電気通信審議会通信政策部会委員』郵政省
『次世代IT 活用未来型教育研究開発会議委員』文部科学省・総務省
『中央防災会議専門委員 /防災に関する人材の育成・活用専門調査会』 内閣府
『宇宙利用推進調査審議特別委員』文部科学省
『学力向上施策—文部科学省/その道の達人派遣事業』(社)日本理科教育振興協会
『島根県立看護短期大学客員教授』
【ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞】 審査員
『総務省 消防大学校 幹部科・火災調査課』講師
『政策審議会気象分科会臨時委員』国土交通省気象庁
『新任看護師教育における研修講師及びアドバイザー』 東京都小児総合医療センター
『国土交通省 気象庁/ 政策審議会気象分科会臨時委員
『中央防災会議専門委員 /災害時の避難に関する専門調査会』 内閣府

◆ 著書(抜粋)
『マルチメディアで学校革命』小学館
『VHS 未来教育1〜5…プロジェクト学習&ポートフォリオ』明治図書
『ポートフォリオで評価革命!』『ネットデイで学校革命』『鈴木敏恵の未来への提言』
『ポートフォリオで進路革命!』『21 世紀の高校 生きる力はITで』学事出版
『これじゃいけなかったの!総合的な学習』『こうだったのか!ポートフォリオ』学研
『自分発見/プロジェクト学習/進路成功 ポートフォリオシート集&解説書』
『未来教育実践モデル/メディアリテラシー/防災教育/国際理解・IT戦略/コーチング手法導
入』教育同人社
『未来教育メディアリテラシー シリーズDVD』教育同人社
『未来教育 テレビの見方プロジェクト』学習研究社
『未来教育全6巻 パーソナルポートフォリオ』学習研究社
『ポートフォリオ評価とコーチング手法—臨床研修・臨床実習の成功手法』 医学書院
『目標管理はポートフォリオで成功する—モチベーションマネージメント』メディカルフレンド
社『夢ファイル』日本実業出版(日本語)及び中国語版
『看護師の実践力と課題解決力を実現する ポートフォリオとプロジェクト学習』
医学書院 2010.5
   *************


未来教育オフシャルサイト

http://www.suzuki-toshie.net


シンクタンク未来教育ビジョン
http://pbl21.heteml.jp/vision/

未来教育カレッジ
www.mirai-project.net

医学ポートフォリオ
http://www.igaku-portfolio.net/
     

未来の教育&学校を創造する第一人者。千葉大学特命教授・教育学部講師

{ナレッジマネージメント・情報テクノロジー・感性}を教育界・医学界に吹き込む。   

講演活動、シンクタンクとして日本全国を訪れる。            



★2005までの公職歴(抜粋)                

■『文部科学省委嘱事業/学力向上プラン-その道の達人派遣事業講師』       (社団法人 日本理科教育振興協会)

「未来教育プロジェクト学習教育顧問」 
                 (岐阜市 教育委員会)

「医師初期研修における指導&評価」アドバイザー 
                (島根県 民主医連機関連合会)

■ 日本教育工学協会 理事

『中央防災会議専門委員』(内閣府)
               中央防災会議会長 小泉純一郎

『文部科学省・総務省連携プロジェクト委員』
      
(学校インターネット/次世代IT活用未来型教育研究開発

『国立機関の独立法人評価委員会青少年分科会委員』(文部科学省)

『我が国の宇宙利用推進方策調査審議特別委員』(文部科学省)ほか

□『マルチメディア活用学校関連推進事業企画評価委員会』
             (郵政省文部省)

■『日本教育工学振興会JAPET 参与』

□「先進的教育用ネットワークモデル地域事業(学校におけ
る複合アクセス網活用型インターネットに関する研究開発」)
       企画評価委員会」(郵政省・文部省)

□『地域省エネルギー活動広報支援事業』中央選考委員
        (財)省エネルギーセンター

□『横浜教育フェスティバル実行委員』(横浜市教育委員会)

□『神奈川県 義務教育研究協議会委員』(神奈川県教育庁)

□『プロジェクト学習キャリア教育 指導アドバイザー』(箱根町立明星中学校)

□『プロジェクト学習キャリア教育 指導アドバイザー』
                  (岐阜県 瑞穂市立西小学校)

□『プロトンアイランズ基本構想策定委員』 
         (愛知県企業庁新空港関連事業部)

□『学校施設整備指針策定調査研究(小・中学校編)部会委員』
        (文部省大臣官房)

□『学校週5日制時代の公立学校施設に関する調査研究委員』
         (文部省教育助成局)

□『電気通信審議会通信政策部会委員』(次世代地域情報化政策)
        (郵政省 大臣諮問機関)

□『総合学科の今後の在り方に関する調査研究協議会』
         (文部省初等中等教育局)

□『今後の学校図書館の整備のあり方に関する調査研究WG委員』
        (文部省大臣官房文教施設部)

□文部省『総合的な学習』研究開発校/千葉市立本町小学校
            運営指導委員

□千葉大学教育学部講師「教育学特講1-未来教育デザイン」

□文部省生涯学習局『生涯学習クリエイティブアドバイザー』

□文部省『理科教育及び産業教育審議会』委員

□関東学院大学工学部 建築学科 講師

□文部省教育助成局財務課教育財務企画室
  『へき地学校マルチメディア活用方法 研究開発検討委員』

□『情報の進展に対応した初等中等教育における情報教育の
  推進等に関する調査研究協力者』文部省初等中等教育局

□『掛川総合教育センター運営委員』(静岡県)

□『国立信州高遠少年自然の家 運営委員』

□『高度ネットワーク利用教育実証事業高度化教育ワーキンググループ委員』  (コンピュータ教育開発センター)

□『NTT こねっとプラン推進プロジェクト推進協議会』
    コンテンツメンバー  (NTTこねっと事務局)

□『NTT マルチメディア学際的研究オープン・ラボ』
   探求グループメンバー   (NTTマルチメディア研究所)

□『工業使用権教育副読本普及委員・工業所有権標準テキスト
       策定委員』   (発明協会)

□『神奈川県生涯学習審議会委員』      (神奈川県)

□『神奈川県社会教育委員』         (神奈川県)

□『横浜市地域科学技術政策懇談会委員』 (横浜市)

□『横浜市小規模校をめぐる教育環境懇談会委員』(横浜市)

□『岐阜 森林文化大学校(仮)開学準備委員会専門部会委員』
       (岐阜県)

□『学校施設整備指針策定調査研究(幼、小、中学校編)部会委員』   文部省大臣官房文教施設部

□『学校教育の情報化に対応する学校用家具に対する調査研究委員会』⑳文教施設協会

□『近未来予測調査(デルファル法)回答』
        [未来工学研究所受諾 科学技術庁]

□『CEC(コンピュータ教育開発センター)システム委員』

□『展示資料開発等報告書ー映像メディアによる博物館活性化』
  [    ⑲ 日本博物館協会(所轄文部省)]

□『外国語教育の改善に対応する施設整備に関する検討会』
          文部省文教施設部

□文部省生涯学習局『国立青年の家自然少年の家~調査研究委員』

□文部省初等中等教育局『職業教育活性化方策~調査研究委員』

□文部省初等中等教育局『農業教育活性化方策~調査研究委員』

□『せんだいメディアテーク事業計画検討委員会委員』(仙台市)

□『山梨県立博物館構想懇話会メンバー』    (山梨県)

□『横浜マルチメディア検討委員』        (横浜市)

□『マルチメディア小児医療研究会実行委員会委員
    (対象:国立小児病院内学校)』
□文部省『国立中央青年の家運営委員』
□文部省大臣官房総務課広報室『国立大学等
   優秀広報誌等表彰「インターネット」の部」審査委員』
□『千葉県教育長期ビジョン』委員  (千葉県教育庁)
□『公立青年の家のあり方に関する調査研究委員』
        ⑳公立青年の家協議会
□『国立中央青年の家 運営委員』
□『森林整備に関する教育関係者との意見交換会』(林野庁林政部企画課)
□ 畿央大学健康科学部理学療法学科 特任講師


建築設計&インテリジェント化設計経歴(抜粋)

1988年

日本初インテリジェントスクール 『横浜商科大学高校CAVセンター』 設計

1990年

『日本酸素⑭本社役員エリア』  建築及びCAVシステム設計・企画コンセプト

『横浜市立西本郷中学校パソコン教室』  基本設計・CAVシステム設計

1992年

『学校法人鎌倉学園 創立70周年記念総合アリ-ナ』 建築設計・AVシステム設計

『日本酸素⑭創立80周年記念オブジェ制作   TO MIND COSMOS』

学制120年記念『学校のうつりかわり展』 プロデュース(仙台)

『武相学園50周年記念館』 AV・情報化環境設計

1994年

『横浜商科大学緑キャンパス』 企画コンセプト・AV・情報化環境設計

1996年

『学校法人明徳学園60周年記念相洋インテリジェントセンター21』  基本設計・企画コンセプト・AV・情報化環境設計


海外研究視察

1990年

『欧州6ヶ国 教育視察旅行』

1991年

『フランス近代建築・オブジェ調査旅行』

1995年

『米国コンピュ-タ教育視察 マルチメディア・インタ-ネット活用校』

1996年

『米国最先端科学ミュージアム・コンピュータ活用 社会教育施設視察』

1997年

『シンガポール教育視察・情報省訪問』 =教育省にて未来教育のプレゼンテーション=

1997年

『イタリア オブジェ・感性視察』

1998年

『カナダ・米国(アラスカ・カリフォルニア他)教育情報化視察』

1999年

『米国スタンフォード大学にてプレゼンテーション・シリコンバレー教育情報化視察』

 

            


著書及び著作

エッセイ連載『 SENCE OF WONDER』

月刊誌「社会教育」1992年2月~96年3月

『 建築とAV』

日経アーキテクチュア 1993年10月25日

『 パソコン活用大百科』共著

実教出版 1994年11月

『未来学び舎は、マルチメディアとあふれる自然』

文部省時報 1995年1月

『マルチメディア時代の子どもたち』共著

産調出版 1995年 4月

『 ザ・森林塾』共著

森林塾発行 1996年2月

『 マルチメディアで学校革命』

小学館 1996年7月10日(97.2第5刷)

『スクールファシリティーマネージメント』

1996年日刊工業新聞「FMの実践」

『センスオブワンダ-・』 

月刊 社会教育エッセイ連載

『ニュ-スク-ルデザイン辞典』 共著

『学校が変わる、教室変身』

作品掲載 「朝日新聞」 1998年

『校舎に感性を』作品掲載

「日本経済新聞」1998年

『ここから見える未来教育~総合的学習成功ノウハウ』

1999年「教育新聞」連載

    
受 賞

・1990年受賞『第一回インテリアプランニング部門特別賞受賞』

【作品:高度情報化時代の学び舎モデルスペース
                「SCHOOL PAV」】

・1993年受賞『第9回ガラス店装材施工例コンテスト最優秀賞』
                セントラルガラス株式会社 主催
選考候補:『第十八回吉田五十八賞』吉田五十八記念振興財団主催
     『第六回本郷新賞』(財)札幌彫刻美術館主催(後援文化他)

【作品:日本酸素80周年記念オブジェ
  [-TO MIND COSMOS-](つくばテクノパーク)】

・1998年受賞『日本計画行政学会{計画賞 特別賞}』
・2000年受賞『神奈川県建築コンクール(奨励賞)』

「愛とマルチメディアで学校革命!~未来学び舎その計画から完成まで~」   相洋インテリジェントセンター21


”マルチメディアで学校革命”の本の紹介

提言活動近況 & 予定

鈴木敏恵の設計したインテリジェントスクール

鈴木敏恵のホームページへもどる


          鈴木へ講演依頼(主に教育界、医学界等のプロフェショナル育成研修)は、下記をクリックして下さい