鈴木敏恵の設計したインテリジェント・スクールの紹介と
その秘密のポイント教えます (^_^)
(2001.9.3 、2004.7.31改訂) 


   横浜商科大学高校CAVセンター

 

NHKの朝のニュースで”臨教審を先取りしたインテリジェントスクール”として、とりあげられた「横浜商科大学高校CAVセンター」

 

 

昭和63年4月完成

 

   地下1階地上2階 RC造 延面積:2,037F
     完成:昭和63年
     ニューメディアコーナー、個人学習スペース、英会話室、LL教室
   CAV講堂、視聴覚教室、万葉ギャラリー、情報処理教室、
                    予備室、準備室
   館内AVネットワーク、PC-LAN(64台)、フルラボLL
   100及び150、リアーVP、100、フロントVP(2台)

 


    ”ここに見に来て未来の学校”スクールPAV

 第一回インテリアプランニング賞特別賞受賞作品
   既存改修、延べ660F 完成:平成2年3月

 松下電器のAV機器のショールームであるが、単に一社に止まらず、インテリジェントスクールの教育環境丸ごと提案ショールームとして、ニチベイ、松下電工、イトーキ、インターフェースヒューガの四社も参画したプロジェクト。


    ”TV黒板の実践”武相学園50周年記念館

 地下1階地上2階 RC造 延べ面積:2,516F 完成:平成4年
 メディアネットワークシステム、サテライトゼミシステム、ビデオシアターシステム、ウエルカム表示、サラウンド音響システム
 ビデオ編集システム、成績処理システム、180、VP,100、VP2台、51、TV4台、パソコン12台
 森林浴空調システム、電動観覧席(333席)、電動スクリーン(180、レンチキュラーフレネルレンズ)、電動ステージ
        掲載紙:日経アーキテクチュア'93 3.1、朝日新聞横浜版93.1.15
            日経新聞93.2.22夕刊、日刊建設工業新聞93.1.19,1.29
        受 賞:全国優秀インテリア施工例コンテスト 特別技能賞受賞


    ”体育施設でのTV黒板の実践”鎌倉学園70周年記念体育館兼講堂

       地下2階地上3階 RC造 延べ面積:4,038F 完成:平成6年
          大アリーナ、柔剣道場、卓球室、多目的小アリーナ、部室、屋上テニスコート
          コスモ・アトリウム、フリークライミング設備
          120、VP、空調機械換気設備、電動昇降照明・バスケットゴール


     ”CAVとTV黒板の集大成”横浜商科大学緑キャンパス

地下1階地上2階、RC造 延べ面積:4,964F 完成:平成7年
  LAN設備 鶴見−緑間:64KBPS専用回線
  構内基幹LAN:総合配線システム、Ethernet10Base-T、パッチパネル
  情報コンセント数191口、通信プロトコル:TCP/IP、IPX、NETBIOS、LAT
  AV設備:テレレクチャー(遠隔講義)システム、AVネットワークシステム
       学内告知システ(9面マルチ、食堂)、メディアラボシステム
       リラクゼーションシステム、休講通知システム、180、VP1台
       150、VP2台、120、VP4台、100、VP2台、53、TV5台
       40、TV2台、9面マルチビジョン(計120、)1台
       香港スターTV受信、有線放送1回線
       鶴見−緑テレレクチャー回線:公衆384KBPS 2×2本
  コンピュータ設備:(教育用)UNIXサーバー1台、PCサーバー1台
             マルチメディアPC61台、ノート型PC61台
           (事務用)PCサーバー1台、PC13台、図書専用端末2台
  その他:自動諸証明発行機、在席表示システム、磁気カード入出退システム
        BDS、電動ステージ、電動白板、噴水設備、音声メールシステム

日経新聞夕刊で紹介されたTV黒板の写真と記事


   どーんと!おまけです。

 敏恵はオブジェにも挑戦して、第9回セントラルガラス店装材施工例コンテストの最優秀賞を戴きました。
 また第18回吉田五十六賞、第6回本郷 新賞の候補作にもなりました。この二つの賞は、ノミネートされるだけでも凄いんだそうです。

 

 「日本酸素80周年記念オブジェ
     ・・・内なる宇宙への昇華」

                日本酸素つくば研究所内


  設計のキーワード
            「思想・コンセプト」:インテリジェントスクールの3本の樹
                         1本目の樹:子供たちに感動を
                         2本目の樹:メディアリテラシーの適うこと
                         3本目の樹:豊潤な教育環境を

            「設計の秘訣」 : 具(CAV)と器(建築)の融合設計(ハーモニックデザイン)

  敏恵の夢...........
                    1)朝起きたら、行きたい学校に!
                 2)テレビ黒板を全ての普通教室に!


鈴木敏恵のホームページに戻る

M横浜建築研究所のHPへ行く


 鈴木へのメールは、下記をクリックして下さい